2009年02月11日

アインシュタインの名言

The world is a dangerous place, not because of those who do evil,but because of those who look on and do nothing.

この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。


以前勤めていた会社でこんなことがありました。

部下のK君を所長に昇格させるからと人事から連絡がありました。その会社は所長になると非常に仕事がハードになり、また顧客からのクレームがあった場合の所長の仕事はかなり精神的にハードな仕事になりがちなところでした。しかし給与面で収入アップが大きく見込めるというものでもなく、あまりやりたくないポジションであることは確かでした。

K君本人にそのことを告げると、まだあなたの下で働きたいから、その話は断ってほしいとのこと。そのまま人事に返事をしてもいいのか?もし、私が断っても強引に話をすすめてくることも考えられるが、その時にK君はそれに屈せずに意見を通すことが出来るのか?出来ないなら最初からそんなことは言わないほうがいいと思うけどと話したところ、意思を貫きますとのこと。

人事にその旨を伝えて、人事と激しく討論し決着つかずでその日は終わりました。翌日、人事より呼び出され、K君が所長になることが決定したとのこと。理由はK君本人が喜んで受けますと承諾してくれたからとのこと。

その後、K君は所長になったことを同僚に誇らしげに報告していたと、報告を受けた後輩から聞きました。

退職者が多かった会社だったので、出来るだけ皆が喜んで楽しく働ける環境を作ろうと、理不尽にならないように出来るだけ部下の話をよく聞き、不当に大変な思いをしている人がいないかなどをいつも探しては改善してきたという自負はあります。

K君は男気があるというキャラクターでK君自身の部下から人気のある社員でした。しかし、そのような事件がありました。そして、真実を公表しないままに私は転職しました。

かなりやり切ったと思えるくらい働いた会社で、ほとんど悔いはありませんが、このK君事件に関してだけは真実を公表し、K君を退職に追い込んでから退職すべきだったということだけは心残りです。結局K君も辞めたんですけどね。
posted by チャッキー at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

ドストエフスキーの名言

If you want to be respected by others
the great thing is to respect yourself.
Only by that, only by self-respect will you
compel others to respect you.
Dostoevsky


他人に尊敬されたいのなら、自分自身を敬うがいい。
自分自身に敬意を払うことによってのみ、
他人はあなたを敬うようになる。
ドストエフスキー

自分自身を敬うとはどういう意味かと考えた時に、自分自身の弱さに流されつまらない時間を過ごしていてはいけないという意味ではないかと思いました。自ら定めた目標に一直線に進んでいくような一瞬一瞬を生きていくことが自分自身を敬うという意味のように感じます。

自分自身の仕事や家庭、置かれた環境の中で如何にベストを尽くしていくことが出来るか?また、家族や周囲の人々に思いやりを持ちながら接していくことが出来るのか?そんな自分自身の心の大きさを持ちつつ、やるべきことを断固としてやり続けることこそ、自分自身を敬うことのように思います。

そんな努力を続けていける人は他人から尊敬されても当たり前のように思います。自分のことしか考えられない人は、誰からも見向きもされない人生になることでしょう。そんな人生を送ってしまわないように頑張りたいと思うことが出来ました。
posted by チャッキー at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

アインシュタインの名言

Anyone who has never made a istake
has never tried anything new.


失敗をしたことが無い者は、何も新しいことに挑戦したことがない。
アルバート・アインシュタイン

これまで、大手企業の花形部署にいたこともありますが、現在は全く陽の当たらない中小企業の営業をしています。自分としては、すでに起こってしまったことについて、思いをめぐらせても仕方がないので、現状をより良くする為には、どのようにしたらいいのかと考えてきました。

そのような現状から、ブログを書いたり、サイトを作ったりする勉強をしてきて、少しだけですが、広告収入が入るようにもなってきました。この環境のおかげだと感謝しています。失敗することよりも、失敗して学んで次につなげていくことの方がはるかに大事だと実感出来ます。


大手企業にいれば、さまざまな権利の主張なども出来ますが、中小企業であれば、そうもいきません。また、業績によってはリストラされる危険性もあります。そして、多くがワンマン経営者の気分によって、会社の雰囲気が一変することも多々あります。すべては経営者の度量によると言っても過言ではないしょう。

また中小企業は、いや私の現職は、大手企業以上に失敗を許さない体質にあります。業績イコールお金と見えるのでしょう。社長なら仕方ないことなのかもしれませんが、その結果、私を含む全員が、ミスの起こる可能性が高い案件には手を出しません。結局は、ミスが発生したとして損が出る可能性のある金額よりも、はるかに多くの契約の取れる可能性のある金額の方が大きいのです。

金額の多寡にもよりますが、このアインシュタインの名言のような意識を持つ人が多くなれば、日本全体が良くなるように思いますけどね。
posted by チャッキー at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

ニーチェの名言

英語のことわざというお題から少しずれていますけど、この格言はズシンときます。格言というよりも、ことわざにしてもらって一般化した方が良いようにも思うほど、真実だと思います。

What is evil ? - Whatever springs from weakness.

悪とは何か?弱さから出るすべてのものだ。

若い頃、悪とは何か?そういうこと考えますよね。当時の僕の答えは、悪意を持って行動すること、他人が不利益を受けるだろうことが予想出来るのに、あえて注意しないこと。などでした。それから、齢を重ね、大人の社会の中でさまざまなことを経験してきて、この格言に出会いました。

弱い人は、自分の中での善意を証明出来ないですもんね。相手のことを思っての行動か、自分が嫌われない為の行動か、自分自身もわからないですよね。弱さを多くの関係をいびつにしますし、自分だけじゃなくて周りの人たちにも多くの迷惑をかけてしまうことでしょう。

英語のことわざ(あえて、ことわざと言います)は表現がダイレクトで、また英語は言語としてシンプルだと思うのですが、簡単な表現の中に本当に深い意味が隠されているなぁと思います。
posted by チャッキー at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

エジソンの名言

以前、朝礼で話したことのある話を紹介してますが、いつも激励の為に使っていました。先月の成績が悪かったからといって落ち込んではいけないよ!と意味だったんですけど。

当時の自分としては、あまりの激務から転職し、自分に合わない職場環境で仕事内容はハードになり、給料は下がったという現実があります。しかし、以前頑張って勉強し、皆を激励する為に使った偉人の名言に励まされる自分がいます。英語の表現はダイレクトで、心にささります。明日も頑張ろう!!

Many of life's failures are people
who did not realize how close they were
to success when they gave up.


人生における失敗者の多くは、
諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに
気づかなかった人たちである。
posted by チャッキー at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

発想の転換 英語の格言 ケネディ

32歳の時にある大手企業の大規模店舗の責任者になりました。朝から晩まで次々とさまざまな報告が入ってきて、それに指示を出す毎日でした。大規模店舗に移る前は、中規模店舗での責任者として、楽ではありませんでしたが、自分でチェック出来る範囲での仕事量でした。大規模店舗に移ったからといって大きく昇給があった訳ではなく、自分としては出世したという自負よりも仕事量と収入が合わないと不満を持っておりました。

責任者として、一番重要な仕事は社員一人一人のモチベーションを上げることが最大事だと考えていましたので、具体的な業務の適切な指示も当然大事ではありますが、自分自身の朝礼でする話に全力を傾けていました。朝礼のネタ探しにさまざまな本を読みました。その中ででこの言葉に出会いました。ケネディ大統領の英語のスピーチ、就任演説の一節です。

Ask not what your country can do for you,
ask what you can do for your country.

国があなたに何をしてくれるかを尋ねるな。
あなたが国に対して何ができるかを尋ねなさい

給料があまり上がらなかったとか、仕事量と比べると割が合わないとか、そんなことを思いながら仕事をしていた事が恥ずかしくなりました。そして、この英語のことわざではありませんが、ケネディ大統領の就任演説でのスピーチを紹介し、自分自身が感じたこと、つまり給料+αとして、多くの仕事をさせてもらって自分が成長させてもらっていると捉えて各々の立場で頑張りましょう!との思いをそのまま朝礼で話させてもらいました。日本語で言うよりも英語での表現の方が率直で、ストレートに伝わるところはあるのではないかと思います。

英語のことわざというブログタイトルからは少し外れますが、英語の勉強という面では、素晴らしい言葉だと思います。学生が受験勉強の中で覚えるよりも、大人が社会の中で感じたさまざまな損得勘定を計算しながら、尚且つ発想の転換をしないといけないと感じながら、プライベートで英語を勉強していこうと思われている人にはピッタリな言葉だと思います。英語のことわざとあわせて格言なども自分にインプットしながら覚えていくといいのではないかと思います。
posted by チャッキー at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

英語のことわざ 意訳

三人寄れば文殊の知恵

英語で言うと、Two heads are better than oneです。

直訳すると2つの頭は1つの頭より良いwww。同じ意味で三人寄れば文殊の知恵があったから、これを当てはめたという感が強いです。しかし、基本的な考え方は同じものから発していますね。表現の仕方の違いだけです。

明日は明日の風が吹く

英語で言うと、Tomorrow is another day.です。直訳したら、明日は違う日。当たり前だって〜www
わかりやすい表現が多いですが、意味は甚深ですね。単純に前を向いて進もう!と思わされます。外国人を励ましたりしないといけない立場の人はことわざや格言を多く覚えておくといいかもしれませんね。
posted by チャッキー at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

英語のことわざと日本語のことわざ

ことわざを引用する時にあまり語源などは気にせずに使っていますが、英語のことわざと日本語のことわざを比較してみると面白いです。
例えば、
同じ意味でのことわざがあったんだろうという場合
Bad luck often brings good luck.⇒人間万事塞翁が馬
これなどは英語の方が意味がよくわかりますよね。
元々は中国の故事からのことわざだと思いますが、同じ意味での英語圏でのことわざがあるんですね。
Everyting new is fine.⇒女房と畳は新しい方がよい
日本語のことわざは、なんでしょうかね。落語のセリフのような気がします。

英語から訳したものか、日本語から英訳したものか

Time is money.⇒時は金なり
英語であったものを和訳しただけのような気がします。

国民性として、日本人は勤勉で、温厚で、協調性のある人々が多いように思っています。その面では、もっと自信を持っても良いように思うのですが、僕だけかもしれませんが、何か外国人に対して、特に英語圏の白人に対しては何らかのコンプレックスを持っているような気がしています。でも、英語のことわざと日本語のことわざを見比べていると同じ人間なんだなと思うところが非常に多いです。英語の勉強をするきっかけとしておもしろいなぁと思います。
posted by チャッキー at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経験は最良の教師

子供の頃、僕はいつも寝る前に「ことばの百科辞典」という本を読んでました。

僕の母親は、自分があまり教育を受けられなかったことにコンプレックスを持っていました。でも、子供には親らしく何か教えてあげないといけないという思いが強かったのでしょう。ある日、英語のことわざや日本のことわざなどがたくさん載っている「ことばの百科辞典」という辞書サイズの本を買ってきました。しかし、朝は子供の弁当や朝ごはん、昼は仕事、夜も夕食の準備などで大忙しの母親に、勉強している暇はなかったように思います。いつか、「ことばの百科辞典」は本棚に置かれたままになっていました。

子供の頃の記憶なので、何故僕がその本を毎日読むようになったのかは覚えていません。でも、小学4年生くらいから中学3年生くらいまで毎日読んでいました。そのおかげで、日本のことわざもそうですが、英語のことわざ(実際の英語ではなく訳したものですが)まで知っている気持ち悪い(笑)小学生になってしまいました。

子供ながらに最初に衝撃的だったのが、今回のタイトル「経験は最良の教師」Experience is the best teacher.です。「ことばの百科辞典」によると、この後に確か、「ただし、授業料が高すぎる」という言葉が続いたように思いますが、さまざま調べてみると、このタイトルまでで区切られているものが多いようなので、ここまででタイトルにつけさせてもらいました。英語のことわざ、日本のことわざ、先人は少しの無駄もなく、的をついた言葉を残していますね〜
posted by チャッキー at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ことわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。